TOP > おすすめ本 > ひとつ上のプレゼン。  

ひとつ上のプレゼン。

ひとつ上のプレゼン。

著 者: 眞木 準 編
岡康道・中島信也・中村禎・多田琢・小沢正光・柴田常文・岩崎俊一・宮崎晋・副田高行・大貫卓也・檍満子・児島令子・竹山聖・山本幸司
出版社: インプレス
価 格:上・下巻各 ¥2,100
発売日:2005/03/03

外回り営業も、内勤事務も、企画開発も、すべての職は「プレゼン」が必要だ。 どんな仕事にも、相手がいて、求められる成果がある。
その「成果」をより多く、より早く手に入れる為の技能。これこそが「プレゼン」の極意である。
クリエイターだけにこのノウハウを手に入れさせるのはもったいない。
「伊右衛門(サントリー)」、「そうだ、京都いこう(JR東海)」や、「hungry?(日清カップヌードル)」などの名作CM、阪神・星野監督の優勝インタビュー第一声 『あ~しんどかった』を生み出した広告業界の第一線級エース達が総勢19人登場。惜しげもなくプレゼンの秘訣を本音で語ってくれる。

「プレゼンの『自分』」
「プレゼンの『相手』」
「プレゼンの『言語』」
「プレゼンの『関係』」
「プレゼンの『演出』」

の5つのテーマに添って、19人19色のプレゼン論が展開。
よりクリエイティブに、より楽しく働くために、センスを磨きたい人にこの一冊。