TOP > おすすめ本 > 感謝する力 -澁谷流-輝く未来の見つけ方-  

感謝する力 -澁谷流-輝く未来の見つけ方-

著 者:澁谷 耕一
価 格:¥1,470
発売日:2012/10/23

感謝することの大切さは古今東西数多くの人が指摘しているが、それだけ実践することがむずかしいのだろう。

著者は人生においてまず大切なのは「常に相手のことを考え、どうやったら役に立てるかを考える」という志をもつことであり、そのうえで「感謝の心」と「喜ばれることをする」ことだと説いている。

著者は本書で人生や仕事のさまざまな心構えを説いているが、それらの多くはけっして目新しいものではない。しかし、若くして最愛の妻に先立たれ、育児や家事で銀行での出世をあきらめ、さらに銀行を退職して起業するという「逆境」のなかで、そうした当り前のことがもつカを再認識した著者の言葉だけに説得力がある。 タイトルが「感謝する心」ではなく「感謝するカ」となっているのは、人に感謝すること自体が、人生を切り拓き、仕事を成功させる大きなパワーになることを示している。

著者の主張をはからずも実践したのは、東日本大震災後の悲惨な被災地で、被災者のために献身的に物資やサービスの提供を続けた多くの人々や企業であろう。被災地では、人に喜ばれたことや社員.取引先への感謝を宝物のように語り、自社の存在意義をあらためて強く認識した経営者が少なくない。そのような経営者が感じたものこそが著者のいう絶対的な感覚としての「幸福感」なのだろう。

なお、本書の後半のニつの章は日ごろの行動指針を含め若者へのアドバイス色がより強く出ている。まだ逆境を経験せず野心に燃える若者に「感謝」といってもピンとこないかもしれないが、第5章の「人生の基礎カ」だけは身につけてほしいと思う。

(福島銀行社長 森 英治氏)